スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CeVIO Creative Studio FREE が公開

【CeVIO Creative Studio FREE が公開】
1月末に発表され話題になったCeVIO Visionのプロジェクト、CeVIOから声の高さや感情をパラメータとして調整できる音声合成ソフトの無料版が公開されました。
ソフトの詳しい内容については公式サイトを参照。
CeVIOに関するインタビュー記事も公開されているので、そちらも参照。

CeVIO公式サイト : http://cevio.jp/

ボカロじゃない音声合成ソフト「CeVIO」ってなんぞ!? : http://ascii.jp/elem/000/000/783/783430/
音声合成・歌声合成の新星「CeVIO」、その謎が解けた! : http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/26/news133.html

CeVIOはMMDAgentから生まれたプロジェクトで、Open_JTalkなどの技術が使われているそうです。
1月末に発表されたときにMMDAgentが関係してるかもしれないという噂はありましたが、今まで伏せられていました。
今後、音声合成だけでなく歌声合成も実装予定ということで非常に楽しみなプロジェクトです。

【CeVIO Creative Studio FREEにさわってみる】
基本技術にOpen_JTalkが使われているとあって、早速公開直後にダウンロードしました。
ソフトとしては、ボカロとボイロの中間みたいな感じで、入力したテキストを簡単に読み上げさせることもできれば、感情やイントネーションを細かく調整できるようになっています。
MMDAgentの音声合成も感情をパラメータで調整できますが、こちらはGUIで操作を行えるので調整がし易くなっています。

【CeVIO Creative Studio FREEのマニアックな話】
で、ここからが本題。
ソフトウェアの使い方なんかは公式や他の方に任せて自分はもっと別な話を。
CeVIO Creative Studio FREEでは感情をパラメータとして調整できるようになっています。
デフォルトで各感情に調整されたプリセットが予め用意されていますが、自分で調整したものをプリセットとして登録することは現状できません。
ただし、設定ファイルに直接記述することでプリセットに追加できます。
CeVIO Creative Studio FREEのインストールフォルダにSettingsというフォルダがあり、その中にPersonality.xmlというファイルがあります。
中身は一般的なxmlなので、MMDAgentの音響設定をいじるよりは楽かと。
以下が、プリセットのサンプルになります。

<Feeling Name="普通">
    <Direction Volume="1.0" Speed="1.0" Tone="0.0" Alpha="0.55">
        <Component Name="fine" Value="0.5" />
        <Component Name="angry" Value="0.5" />
        <Component Name="sad" Value="0.5" />
    </Direction>
 </Feeling>

Feeling Nameがリストに表示される名前になります。
Direction Volumeが大きさ、Speedが速さ、Toneが高さ、Alphaが声質になります。
Component NameとValueが各感情の値となります。
ここで注意が必要なのは、ソフト上の数値と設定ファイルの数値では記述方式が違うこと、設定できる数値に上限があることです。
ソフト上では全てのパラメータは0~100の間で調整しますが、プリセットの設定値は項目によってバラバラです。
試しに調べた結果を以下に載せるので参考にしてください。

大きさDirection速さSpeed高さToon声質Alpha感情value
0-7.900.20-5.900.500
10-6.3100.2810-4.8100.51100.1
20-4.8200.3920-3.6200.52200.2
30-3.2300.5430-2.4300.53300.3
40-1.6400.7440-1.2400.54400.4
500501500500.55500.5
601.7601.4601.3600.56600.6
703.3701.95702.5700.571700.7
804.9802.7803.7800.581800.8
906.5903.7904.9900.591900.9
1008100510061000.61001


プリセットに登録したい設定にあわせて各パラメータを記述すると、ソフトのプリセット選択画面に新しいプリセットが追加されます。
ただ、間違った設定するとスライドバーがおかしなことになったりするので、あくまで自己責任で。
今後のバージョンアップで真っ先に追加されそうな機能だけどね。

さて、もう1つのお話。
Open_JTalkということは、当然音響モデルが存在します。
感情ごとに音響モデルを用意して、音響モデルの混合率を調整することで感情表現しているのがソフトの仕組み。
CeVIO Creative Studio FREEにはデフォルトで3+1の音響モデルが付属されています。
音声読み上げ用の音響モデルが3つと、今後使用されるであろう歌声合成用の音響モデルが1つ付属しています。
ただしMMDAgentの音響モデルと違って独自形式でまとめられているようなので、MMDAgentへの流用やメイちゃんの音響モデルの追加などは現状できないようです。情報求む。
使用されていない歌声用の音響モデルは設定ファイルを編集すれば追加可能ですが、ソフト側がまだ対応していないようで一部反映されない点があります。
有償版では追加できる仕組みを用意するとのことなので、仕様が公開されるのか、サードパーティー向けのツールが公開されるのではないでしょうか。
UTAUみたいにユーザーが独自の音響モデルを作れれば面白そうだけど、アレかなり製作コスト掛かるからなあ。

【まとめ?】
と、いうわけでCeVIO Creative Studio FREEについて思うがままに書いてみたわけですが、MMDAgentから生まれたプロジェクトということで今後の展開が楽しみです。
MMDのモデル等も公開されるそうなので、今後も追いかけていきたいと思います。
連携プラグインとかについてはまた今度ということで。
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CeVIO Creative Studio FREEとReveal.jsで自動プレゼン

2013/4/26にCeVIO Creative Studio FREEが公開され、以下の記事で話題になっていました。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

CUBE370

Author:CUBE370
MMDAgent用の誰得プラグインを作ってます。
MMDAgentに関する情報や自作プラグインについて書いてます。

技術的なことはwikiのほうにまとめてます。
http://cube370.wiki.fc2.com/

つぶやき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。