スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の現状報告

【現状報告】
 予告通り、特に何もありません。今週から本気を出す。とりあえず、NAIPをRC版に対応させます。

 本当は、CAMERAコマンド追加したいな~、多分こうしたら出来るだろうな~、とか書くつもりでした。結局、本家に追加されてしまったのでお蔵入り。


【MMDAgent RC版の導入方法】
 で、公開されたRC版のバイナリ版の導入方法。基本的にはβ版と同じ。ただし、ファイルパス問題が解決されておりファイルを置く場所は任意でよい。

1. 本家様HP(http://www.mmdagent.jp/)から、MMDAgent version RCの「Binary Package (for 32-bit Windows)」とMMDAgent "Sample Script" version RCの「Binary Package」をダウンロードして、それぞれ解凍(展開)する。
2. 解凍してできた「MMDAgent_Example-rc」フォルダ内の「MMDAgent_Example.fst」、「MMDAgent_Example.mdf」、「MMDAgent_Example.ojt」をそれぞれ「MMDAgent.fst」、「MMDAgent.mdf」、「MMDAgent.ojt」に変更する。
3. 変更後、「MMDAgent_Example-rc」フォルダ内すべてのファイルおよびフォルダを「MMDAgent_win32-rc」内にコピーする。同名のファイルは上書きしてしまってもOK。
4. コピー後、「MMDAgent_win32-rc」フォルダ内の「MMDAgent.exe」を起動して、メイちゃんが表示されればOK。

 fstファイルが変わっており、キーイベントによるデモが出来なくなっている模様。どうしても、キーイベントで動作させる場合はfstファイルの書き換えが必要。


【fstファイルの書き換え】
 表示するデフォルトモデルの変更やキーイベントの追加などは「MMDAgent.fst」を書き換えなければならない。fstファイルはメモ帳で編集することができる。以降の説明は、↑の方法でMMDAgentが動作している前提で進めていきます。

・モデルの変更
 表示させたいモデルをあらかじめ「MMDAgent_win32-rc」フォルダ内の「Model」フォルダにコピーしておく。
 「MMDAgent.fst」をメモ帳で開く。開くと、「MODEL_ADD|mei|Model\MMD_Miku_v1.1\MMD_Miku.pmd|0.0,0.0,-14.0」と記述された場所がある。これの「Model\MMD_Miku_v1.1\MMD_Miku.pmd」の部分を用意したモデルに合わせて書き換える。上書き保存して、MMDAgentを起動すればデフォルトモデルが変更されている。

・キーイベントの追加
 マイクなどが使えない場合に、任意のキーボタンでイベントを発生させることができる。β版サンプルまでは予め記述されていたが、RC版から削除された。コマンド自体はサポートしているので、fstファイルに追加記述することで可能となる。今回は例として、Helloイベントを「1キー」で発生させる方法を説明する。
 「MMDAgent.fst」をメモ帳で開く。開いたら、

# 0031-0040 Hello

1 31 RECOG_EVENT_STOP|こんにちは    SYNTH_START|mei|mei_voice_normal|こんにちは。
1 31 RECOG_EVENT_STOP|こんにちわ    SYNTH_START|mei|mei_voice_normal|こんにちは。
31 32 <eps>                     MOTION_ADD|mei|action|Motion\mei_greeting\mei_greeting.vmd|PART|ONCE
32 2 SYNTH_EVENT_STOP|mei <eps>

の部分を、

1 31 RECOG_EVENT_STOP|こんにちは    SYNTH_START|mei|mei_voice_normal|こんにちは。
1 31 RECOG_EVENT_STOP|こんにちわ    SYNTH_START|mei|mei_voice_normal|こんにちは。
1 31 KEY|1                      SYNTH_START|mei|mei_voice_normal|こんにちは。
31 32 <eps>                     MOTION_ADD|mei|action|Motion\mei_greeting\mei_greeting.vmd|PART|ONCE
32 2 SYNTH_EVENT_STOP|mei <eps>

に書き換え、上書き保存する。MMDAgentを起動してモデルが表示されてから「1キー」を押すと、「こんにちは」と喋ってくれる。

注意:
キーイベントを追加する場合はこのページの内容をコピーするのは避けて、直接打ち込んでください。このページの例には一部全角スペースなど使用しているので予期せぬエラーを起こす可能性があります。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CUBE370

Author:CUBE370
MMDAgent用の誰得プラグインを作ってます。
MMDAgentに関する情報や自作プラグインについて書いてます。

技術的なことはwikiのほうにまとめてます。
http://cube370.wiki.fc2.com/

つぶやき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。