スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CeVIO Creative Studio FREE が公開

【CeVIO Creative Studio FREE が公開】
1月末に発表され話題になったCeVIO Visionのプロジェクト、CeVIOから声の高さや感情をパラメータとして調整できる音声合成ソフトの無料版が公開されました。
ソフトの詳しい内容については公式サイトを参照。
CeVIOに関するインタビュー記事も公開されているので、そちらも参照。

CeVIO公式サイト : http://cevio.jp/

ボカロじゃない音声合成ソフト「CeVIO」ってなんぞ!? : http://ascii.jp/elem/000/000/783/783430/
音声合成・歌声合成の新星「CeVIO」、その謎が解けた! : http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/26/news133.html

CeVIOはMMDAgentから生まれたプロジェクトで、Open_JTalkなどの技術が使われているそうです。
1月末に発表されたときにMMDAgentが関係してるかもしれないという噂はありましたが、今まで伏せられていました。
今後、音声合成だけでなく歌声合成も実装予定ということで非常に楽しみなプロジェクトです。

【CeVIO Creative Studio FREEにさわってみる】
基本技術にOpen_JTalkが使われているとあって、早速公開直後にダウンロードしました。
ソフトとしては、ボカロとボイロの中間みたいな感じで、入力したテキストを簡単に読み上げさせることもできれば、感情やイントネーションを細かく調整できるようになっています。
MMDAgentの音声合成も感情をパラメータで調整できますが、こちらはGUIで操作を行えるので調整がし易くなっています。

【CeVIO Creative Studio FREEのマニアックな話】
で、ここからが本題。
ソフトウェアの使い方なんかは公式や他の方に任せて自分はもっと別な話を。
CeVIO Creative Studio FREEでは感情をパラメータとして調整できるようになっています。
デフォルトで各感情に調整されたプリセットが予め用意されていますが、自分で調整したものをプリセットとして登録することは現状できません。
ただし、設定ファイルに直接記述することでプリセットに追加できます。
CeVIO Creative Studio FREEのインストールフォルダにSettingsというフォルダがあり、その中にPersonality.xmlというファイルがあります。
中身は一般的なxmlなので、MMDAgentの音響設定をいじるよりは楽かと。
以下が、プリセットのサンプルになります。

<Feeling Name="普通">
    <Direction Volume="1.0" Speed="1.0" Tone="0.0" Alpha="0.55">
        <Component Name="fine" Value="0.5" />
        <Component Name="angry" Value="0.5" />
        <Component Name="sad" Value="0.5" />
    </Direction>
 </Feeling>

Feeling Nameがリストに表示される名前になります。
Direction Volumeが大きさ、Speedが速さ、Toneが高さ、Alphaが声質になります。
Component NameとValueが各感情の値となります。
ここで注意が必要なのは、ソフト上の数値と設定ファイルの数値では記述方式が違うこと、設定できる数値に上限があることです。
ソフト上では全てのパラメータは0~100の間で調整しますが、プリセットの設定値は項目によってバラバラです。
試しに調べた結果を以下に載せるので参考にしてください。

大きさDirection速さSpeed高さToon声質Alpha感情value
0-7.900.20-5.900.500
10-6.3100.2810-4.8100.51100.1
20-4.8200.3920-3.6200.52200.2
30-3.2300.5430-2.4300.53300.3
40-1.6400.7440-1.2400.54400.4
500501500500.55500.5
601.7601.4601.3600.56600.6
703.3701.95702.5700.571700.7
804.9802.7803.7800.581800.8
906.5903.7904.9900.591900.9
1008100510061000.61001


プリセットに登録したい設定にあわせて各パラメータを記述すると、ソフトのプリセット選択画面に新しいプリセットが追加されます。
ただ、間違った設定するとスライドバーがおかしなことになったりするので、あくまで自己責任で。
今後のバージョンアップで真っ先に追加されそうな機能だけどね。

さて、もう1つのお話。
Open_JTalkということは、当然音響モデルが存在します。
感情ごとに音響モデルを用意して、音響モデルの混合率を調整することで感情表現しているのがソフトの仕組み。
CeVIO Creative Studio FREEにはデフォルトで3+1の音響モデルが付属されています。
音声読み上げ用の音響モデルが3つと、今後使用されるであろう歌声合成用の音響モデルが1つ付属しています。
ただしMMDAgentの音響モデルと違って独自形式でまとめられているようなので、MMDAgentへの流用やメイちゃんの音響モデルの追加などは現状できないようです。情報求む。
使用されていない歌声用の音響モデルは設定ファイルを編集すれば追加可能ですが、ソフト側がまだ対応していないようで一部反映されない点があります。
有償版では追加できる仕組みを用意するとのことなので、仕様が公開されるのか、サードパーティー向けのツールが公開されるのではないでしょうか。
UTAUみたいにユーザーが独自の音響モデルを作れれば面白そうだけど、アレかなり製作コスト掛かるからなあ。

【まとめ?】
と、いうわけでCeVIO Creative Studio FREEについて思うがままに書いてみたわけですが、MMDAgentから生まれたプロジェクトということで今後の展開が楽しみです。
MMDのモデル等も公開されるそうなので、今後も追いかけていきたいと思います。
連携プラグインとかについてはまた今度ということで。
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

MMDAgentとOpenNI

【OpenNIを使ってみる】
OpenNIが2.0になったと聞いて早速プラグインとして実装してみました。
OpenNIのバージョンアップで導入がかなり簡単になったことで、実装はかなり楽でした。
ハンドジェスチャーの認識は2.0に対応したNITEを利用しています。
デバイスはKinectを使用しています。



OpenNI/NITEを利用したハンドジェスチャー認識で現在サポートされているのはHAND RAISE、CLICK、WAVEの3つです。
今回はそれら3つのハンドジェスチャーを利用してメニュー操作を行ってみました。
WAVEイベントでメニューの選択、CLICKイベントでメニューの決定をしています。
操作性としてはWAVEでのメニュー選択はいまいちですね。

OpneNI/NITEを利用するメリットはハンドジェスチャーが利用できること、他のセンシングデバイスを利用できるところでしょうか。
特に3種類とはいえハンドジェスチャーを認識できるの大きなメリットだと思います。
1つ問題があるとするればOpneNIの構成でしょうか。
詳しくは省きますが、OpenNIのdllの構成がMMDAgentのファイル参照に影響を与えてしまうようです。
OpenNIのdllの構成については今後改善される可能性もあるので、それ待ちで。

ミクさんに向かって手を振るとミクさんが手を振り返してくれる、というKinectを購入したときの目標が約1年越しとはいえ実現できたのでそれなりに満足してます。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

謹賀新年 & 画像表示プラグインの公開

【謹賀新年】
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

早いものでブログ開設から2年が経ちました。
その割りに記事はなかなか増えませんが。

昨年はAndroid版の動画が公開されたり、冨田勲氏のイーハトーヴ交響曲のシステムにMMDAgentが使われていたり、はたまた神戸大の家電操作システムにMMDAgentが利用されていたりと名工大だけでなく他の研究などに応用利用されるケースが増えてきました。
α版が公開された頃に比べるとユーザーもかなり増えたんじゃないでしょうか。
今後応用事例がさらに増えていって欲しいものです。

【画像表示プラグインの公開】
今年最初に公開するプラグインは画像表示プラグインになります。
bmp、png、jpgなどの画像ファイルをMMDAgentの3D空間上に表示できるようになります。
α付き(透過)pngも表示できます。

サンプル画像 

画像表示プラグイン Ver. 0.1.0.0 : ダウンロード

基本的な使い方はREADME.txtを読んでください。
以下は知っておくと便利かもしれないこと。
  • 対応バージョン
MMDAgent-1.3以降のバージョンのみ対応しています。
1.2では正常に表示されないので注意してください。
  • 画像の原点について
表示させる画像の原点は画像の中心になります。
rotationパラメータはこの原点(画像の中心)を元に画像を回転させます。
  • sizeパラメータについて
sizeパラメータは3D空間内での画像の大きさを指定します。
アスペクト比を自動計算する機能などは実装していないので、例えば640×480ピクセルの画像をsizeパラメータを10.0,10.0で表示させると画像が変形した状態で表示されてしまいます。
この場合sizeパラメータを10.0,7.5もしくは13.3,10.0と指定するとアスペクト比が維持されたまま画像が表示されます。

アスペクト比比較

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

MMDAgent-1.3.1がリリースされました

【MMDAgent-1.3.1 リリース】

先日、MMDAgentのバージョン1.3.1が公開されました。
公式ホームページよりダウンロードできます。

MMDAgent 1.3.1 : http://www.mmdagent.jp/

【更新内容】

恒例行事となっている12月25日の更新ですが、今回の主な更新内容は以下の通り。
  • いくつかのバグ修正
以上。
仕様変更もないので1.3で動くシナリオなら特に影響もないと思います。
バグの修正内容についてはまだ確認していないので割愛。

ただ今回はサンプルスクリプトも更新されており、こちらはモデルやモーションなどが追加されています。
メイちゃんのジャケットの色違いや冬服モデル、新しいモーションが追加されています。
追加されたモデルやモーションは以下の通り。
  • モデル
    • mei_black_jacket
    • mei_blue_jacket
    • mei_gray_jacket
    • mei_winter_blazer
  • モーション
    • mei_call
    • mei_flash
    • mei_guts
    • mei_hand_shake

【既知の問題点】
  • モデルの位置ズレ問題
1.3で起きていた長時間モデルを表示しているとモデルの表示位置がズレてしまう問題ですが、サンプルスクリプトを見る限りMOTION_ADDのreposパラメータをOFFにすることで対応できるようです。
ただサンプルスクリプトのrepos設定は中途半端になっており、サンプルスクリプトを長時間動かしているとモデルの位置ズレが起きることがあります。
サンプルスクリプトの「Idle behavior」あたりのMOTION_ADDのreposパラメータもOFFにしないとダメみたいです。
なので基本MOTION_ADDのreposパラメータはOFFにする必要があるようです。

【配布中のプラグインについて】
簡単に確認した限りだと問題なく動作します。
1.3で動作していたものであれば問題ないと思います。

【総評】
今回の更新の目玉はサンプルスクリプトのモデルとモーションですね。
モーション作成が苦手な身としてはモーションが増えるのはうれしいです。

・・・正月休みはwikiの整備したいな。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

テキスト入力プラグインの公開

【テキスト入力プラグインの公開】

プラグインから別ウインドウを生成して、MMDAgent本体とデータのやり取りをするためのテストとして「テキスト入力形式による会話」ができるようにしてみました。

機能的にはNAIP2とかに付いてたやつです。

TextTalk.png

プラグインを導入して、「t」キーを押すと「Text Talk Tool」というウインドウが表示されます。
あとは左のテキストエリアに会話文を入力して、「会話」ボタンを押すだけ。
入力した文章に「RECOG_EVENT_STOP」を付けてMDAgentに通知します。

マイクがないときの代用やシナリオ作成時のデバッグに使えると思います。

テキスト入力プラグイン Ver. 0.1.0.0 : ダウンロード

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

CUBE370

Author:CUBE370
MMDAgent用の誰得プラグインを作ってます。
MMDAgentに関する情報や自作プラグインについて書いてます。

技術的なことはwikiのほうにまとめてます。
http://cube370.wiki.fc2.com/

つぶやき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。